男性必見!!32歳で男性乳がんを宣告された男の初エッセイ


いつもお世話になっている黒川さんがこの度本を出版されることになりました。

そこで今回は簡単なプロフィールと書籍のご紹介をさせて頂きます。

なんと彼は32歳という若さで男性乳がんになったのです( ゚Д゚)!!

多くの方が乳がんは女性の病気と思っているかもしれません。

実は私も黒川さんに会うまではそう思っていました・・・。

特に30代前半の男性の発症はかなり希なケースで、非常に珍しい事だと聞きます。

乳がんの怖い所は検診でも見落としてしまう可能性があることです。

多くの方々が乳がんであることを見落としてしたため、進行が早まったという事も聞きます。

もし皆さんのお知り合いの中で少しでも気になる症状があるようなら、是非黒川さんの実体験を読んでみてからご参考にしてみてください。

そして黒川さん自身が病気と向かい合って、どう人生が生まれ変わったのかを感じて頂ければ幸いです(*‘ω‘ *)

↑クリックでamazonへ飛びます

以下は一部抜粋させて頂きました

<-はじめに-より>
この本は僕のはじめてのKindle出版本です。

2012年のガン手術直後にブログで書いた内容を再編集したものです。

出版した目的は、男性でも乳がんになるということを一人でも多くの方のために知っていただくためです。

なぜなら、僕自身男性乳がんを自分自身で発見し、すぐに処置したので超初期で済んだラッキーなケースだったのですが、

多くの男性乳がん患者は腫瘍を発見してもすぐには病院に行かないので、その結果予後不良になるケースが多いからです。(中略)

本文中でもどのように発見し、どのようにガン告知を受けたのかを事実のままに書いています。

また、僕はセカンドオピニオンをしまして、ガン告知と手術と術後の通院病院が全部異なります。

一つのケースとして参考になりましたら幸いです。そして、何よりもガンによって人生が変えられた一人の人間として、ガンが必ずしも悪いものではないんだということを伝えられたらと思います。

いつ、どのタイミングで病気になるかは私たちは分かりません。人生に突然訪れるその時のために、

ガンを患うという経験をこの文章によってイメージしていただけたら少しでもお役にたてるのかなと感じています。

尚、僕はクリスチャンなので、ところどころに信仰的な文章があります。

その部分もつつみ隠さず書かせていただきました。

ご了承いただきまして、読み進んでいただけましたら感謝です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク