大雨災害による各県のボランティア募集について



「この度の大雨による甚大な被害に遭われた方々に」

被害の状況を知る度に、ただただ心を痛めております。
どうか1人でも多くの方に平安が訪れるようお祈り致します。
それと合わせて、何かボランティア活動の支援が出来ないかと模索しており、今は情報収集の段階ですが、何かのお役に立てればと思っています。

現在各県が発表しているボランティア情報をまとめましたので、是非活用してください。

多くの地域でボランティアの募集を「制限」もしくは「停止」しています

※ボランティア情報の発信を数日ごとに更新します

目次

災害ボランティアに参加する際に

被災直後は現場も混乱しています。

「お手伝いしたい」、「自分に出来ることをやりたい」という気持ちが先行してしまうと思いますが、現場の受け入れ態勢が出来ていない場合、活動範囲が限られてしまいます。

各自治体が災害ボランティアセンターを設置するまでは情報が錯乱します。ボランティアセンターの発信を確認したうえで活動を行ってください。

必ずボランティア保険に加入する

各自治体ではボランティア活動を行う際の保険として「ボランティア保険」の加入を受け付けています。

①日本国内での活動

②無償での活動

③自発的な意思により他人や社会に貢献する活動

これらにあてはまる活動については傷害、賠償責任などの補償として1年間たった300円で加入出来ます。

詳しくはこちらをクリック

活動の服装や事前準備を万全に

災害ボランティアに参加する場合、社会福祉協議会がまとめた事前準備の作業マニュアルがありますのでそちらを参考にしてください。


その他にも自身で必要な物を持参ください。

熱中症対策

これから本格的な夏を迎え、被災地での災害ボランティアは「日陰がなく、気温の高い屋外」で「風通しの悪い衣服」での「激しい運動」と熱中症になりやすい条件下での活動となります。
さらに県外からの参加の場合、早朝移動のために寝不足になりやすく、車酔い等の体調不良も熱中症の原因となります。
以下の事項に留意し、体調管理、持参物等、改めて対策をお願いいたします。
活動中は、作業20~30分につき、10分の休憩をとるペースを厳守してください。
休憩中は、日陰等で衣服に風を通し、水分・塩分補給を(喉が渇いていなくても)しましょう。

● 体調管理
無理な行程で日程を組まない。(前日は十分に睡眠をとる。アルコールは控えめに)
こまめな水分・塩分補給を心がける。
無理をせず、体調不良を感じたら活動を中止する。

● 活動時の服装
怪我や感染症予防のため、暑くても長袖長ズボンは必須です。
薄手で通気性のよいものを用意する、黒系統の服は避ける等の工夫をしましょう。

● ヘルメット・帽子・タオル
直射日光を避けるため、安全のためにも着用しましょう。
また、ヘルメット・帽子の後ろにタオルを垂らして日よけにすると良いでしょう。

● 濡れタオル・クーラータオル
水を含ませたタオルを首に巻き、肌が直射日光に当たらないようにします。

● 氷・瞬間冷却剤
応急処置用。クーラーボックスを用意できない場合は、叩いて使う瞬間冷却剤が便利です。

●梅干し・ 塩飴・スポーツドリンク・麦茶
塩分補給のために必須です。
塩飴は、熱中症予防専用に塩分、糖分、クエン酸が配合されたタイプもあります。
スポーツドリンク・麦茶等は、多めに(500ml で3本以上)用意しましょう。

● 大量の水
水分補給の他、タオルを濡らす、手洗い、怪我をした場合の傷口洗浄等に使います。
水道が近くにない・使えない場合もありますので、大量に(飲料用1L、予備1L)用意しましょう。
団体の場合は、ポリタンク等で予備の水を用意するといいでしょう。

●食中毒にも注意!! 傷みやすいものは避けましょう。

こちらもご確認ください熱中症対策

人によってボランティアのやり方は多種多様

多くの方々が思うことは、被災地へ赴き直接支援と思い浮かべるかもしれません。しかしその想いを持っていても、なかなかそうはいかないという事もあります。

それぞれが出来るボランティアのやり方がある事を知っておくことで、あなたに出来る支援が必ず見つかると思います。是非参考にしてみてください。

  • 被災者に直接支援活動を行う人
  • 何かあったら気軽に困りごとを聞くことのできる人
  • 支援者を支える人

私はボランティア情報を伝えるという活動しか出来ませんが、1人でも多くの方に正しい情報が伝わって欲しいと願っています。

※今回大きな被害に遭った岡山県の真備町では、「散髪」のボランティアを行っているようです。それぞれが持っているものを活かせるのもボランティアならではだと思います

ボランティアへ参加される方は高速道路の無料措置が行われています(8月20日追加)

先日倉敷市へボランティア活動に参加する際

に知ったのですが、被災地へボランティア活動をする方々に向けて高速道路の無償化を実施しています。

非常に有益な情報ですので多くの方に知って欲しいと思っています(‘ω’)ノ

詳しくはこちらをご確認ください

https://www.e-nexco.co.jp/road_info/important_info/h30/0718/

平成30年7月豪雨に伴う災害派遣等従事車両の高速道路の無料措置について

平成30年7月18日
東日本高速道路株式会社

平成30年7月豪雨に伴う災害派遣等従事車両(災害ボランティアを含みます)の高速道路の無料措置を実施しています。

災害派遣等従事車両が高速道路の無料措置の適用を受けるためには、あらかじめ、最寄りの都道府県または市町村に申請し、「災害派遣等従事車両証明書」の交付を受けていただく必要があります。

1 派遣対象となる被災地府県

岐阜県 京都府 大阪府 兵庫県 岡山県
広島県 愛媛県 高知県

※本件に係る被災地府県のホームページは別表1【PDF:311KB】PDFへリンクを参照してください。

2 対象車両

  1. 自治体等からの要請により、被災者の避難所又は被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)へ救援物資等を輸送するための車両
  2. 自治体等からの要請により、被災地の復旧、復興にあたるための物資、人員等を輸送するための車両
  3. 自治体が災害救援のために使用する車両
  4. 災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

※被災地府県によっては対象車両が異なります。詳細は被災地府県にご確認ください

3 災害派遣車両証明書発行の手続きについて

  • 上記1.~3.の車両(災害ボランティア以外の車両)
    あらかじめ、最寄りの都道府県または市町村に申請し、「災害派遣等従事車両証明書」の交付を受けてください
  • 上記4.の車両(災害ボランティアの車両)
    あらかじめ別表2【PDF:311KB】PDFへリンクの手続きにより、災害派遣等従事車両証明書の発行を受けてください。

4 高速道路の通行方法

  • ETCレーンを通行せず、係員のいるレーンを通行してください。
  • 入口料金所においては、通行券を受け取ってください。
  • 出口料金所においては、通行券に証明書を添えて料金所係員に手渡してください。
    (災害派遣等従事車両1台につき通行1回あたり1枚を提出してください)

※対象の高速道路は、被災地府県にご確認ください。

岐阜県

http://www.pref.gifu.lg.jp/

関市がボランティアの募集を停止

https://www.i-tools-dc2.net/sekishi-shakyo/osirase/

※重要
<災害ボランティアセンター運営についてのお知らせ>
平成30年7月豪雨災害により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。
また、全国各地から駆けつけていただいたボランティアの皆様に心からお礼申し上げます。

7月9日(月)より、ボランティアの皆様とともに生活復旧に向けた活動をすすめてまいりました。
災害発生から2週間近くが経ち、ボランティアの皆様をはじめとする多くのご支援で復旧が進み、支援活動の依頼数も減少してきました。しかし、半面で依頼の内容が多様なものになってまいりました。
そこで、7月20日(金)をもちまして、一般・個人の方の災害ボランティアの募集を終了させていただくこととしました。

7月23日(月)からは関市社会福祉協議会本部事務局における通常のボランティアセンターでの対応に移行するものとし、地元の方や多様化する支援ニーズに応じた専門性をお持ちの団体ボランティアの皆様からのお力添えをいただきながら、引き続き被災者の皆様への支援を継続してまいります。ご相談のある方は下記までお問い合わせください。
改めまして、多くのボランティアの皆様のご支援ご協力、誠にありがとうございました。

【問い合わせ先】
社会福祉法人関市社会福祉協議会

住所:関市若草通2丁目1番地 わかくさプラザ・総合福祉会館2階
電話:0575-22-0372、0575-23-3229
ファックス:0575-23-6863

下呂市がボランティアの募集を停止

http://www.gero-city-syakyo.jp/

豪雨災害による災害ボランティアセンター閉鎖について

【7月16日16:00現在】
この度の豪雨による被害に対して開設しました災害ボランティアセンターに、多くのボランティアの方にご支援ご協力いただき復旧作業を終えることができました。関係していただきました皆様に感謝申し上げます。また、飲料等の多くのご寄付もいただき誠にありがとうございました。
7月16日(月)16時をもって下呂市災害ボランティアセンターは閉鎖いたします。
下呂市災害ボランティアセンターへの連絡先 携帯080-1594-1030

今後は通常のボランティアセンターにおいて、被災された方々の生活支援を継続して実施しますので、最寄りの社協事務所にお問合せください。

京都府

http://www.pref.kyoto.jp/

舞鶴市がボランティアの募集を停止

http://www.kyoshakyo.or.jp/maizuru/cat514/post_248.html

平成30年7月豪雨により被害に遭われた方の早期復旧と支援を行うことを目的に、10日(火)に舞鶴災害ボランティアセンターを設置し、12日(木)から16日(月・祝)まで被災地区の支援を行ってまいりました。

この間、市内外から、多くのボランティアの皆さまにご支援ご協力いただいたお陰により、復旧については一定の目処がついたことから、16日(月・祝)17時をもってセンターを閉鎖しましたのでお知らせいたします。

ボランティアにご参加いただきました皆さまには、改めて厚く御礼申し上げます。

また、被害に遭われた方につきましては、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

なお、当センター閉所後は、舞鶴市社会福祉協議会において、災害に係るご相談を受け付けることといたします。

【お問い合わせ先】

舞鶴市社会福祉協議会(舞鶴市中総合会館3F)

TEL:0773-62-7044、FAX:0773-62-7039 ※土日祝を除く

福知山市がボランティアの募集を停止

http://www.fukuchiyama-shakyo.org/html/11/11.html

7月豪雨災害で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

7月9日(月曜日)から受け付けたニーズは80件で、本日の活動によりすべて完了いたしましたので、7月20日(金)午後3時をもって福知山市災害ボランティアセンターを平常時体制に移行いたします。

猛暑の中、市内をはじめ全国各地のボランティアの皆さまには、たいへんお世話になりましたこと、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

なお、今後も引き続き必要な支援、困りごとの相談は、福知山市社会福祉協議会で受付し、関係団体と連携、協力して進めてまいります。

社会福祉法人

福知山市社会福祉協議会

TEL:0773-25-3211

FAX:0773-24-5282

綾部市がボランティアの募集を停止

http://ayabe-shakyo.or.jp/news/freo2/index.php/

本日も厳しい暑さの中での活動となりましたが、事故なく無事終了することができました。ありがたいことに、週末に向けて続々とボランティア参加のお申込みをいただいており、ボランティアが充足したため、本日正午をもって受付を終了とさせていただきました。また、この週末でニーズの一定の解消が見込まれるため、22日(日)をもって、ボランティアの受付や支援活動は終了し、現在拠点にしている綾部市研修センターにおける活動も終了とさせていただくことになりました。これまでの多くのご支援に深く感謝申し上げます。あと2日間、皆様のご協力を得て頑張っていきたいと思います。

宮津市がボランティアの募集を停止

http://www.kyoshakyo.or.jp/miyazu/post_103.html

宮津市災害ボランティアセンターから、19日(木)、20日(金)の予定について
お知らせします。

(7月10日~7月18日終了現在の様子)
依頼件数 60件
終了件数 57件
残り件数  3件
ボランティア数 延828名

本日18日も118名の個人、団体の皆様にお世話になり、4件のうち3件が終了
となり残りの依頼件数は3件となりました。つきましては、19日、20日の対応に
ついてお知らせします。

7月19日(木)
活動件数は2件の予定です。(1件は20日も継続になると思われます)
2団体で計60名の方にお世話になる予定です。

7月20日(金)
活動件数は2件の予定です。
2団体で計30名の方にお世話になる予定です。

残り2日間も、引続き個人の方にもお願いをしたいと考えています。

19日については、現地活動をお願いさせていただきますが、人手が足りて
いることから活動があまりないかもしれません。

20日については、通常通りお願いをさせていただき、現地活動をお願いし
たいと思います。

勝手なお願いで申し訳ありませんが、こうした状況をご理解いただきながら、
活動へのご協力をよろしくお願いします。
20日収束に向け、皆さんのお力をお借りしながらセンタースタッフも頑張って
いきたいと思いますので、よろしくお願いします。

与謝野町がボランティアの募集を停止

http://www.kyoshakyo.or.jp/yosano/cat317/

このたび、梅雨前線による大雨災害により各地で床上・床下浸水被害などが発生しています。

与謝野町災害ボランティアセンターでは、被災者支援のためのボランティア活動を行います。

次の方はご連絡ください。

① 被災住居の泥だし、掃除等の手伝いを希望される方

② ①のお手伝いをしていただけるボランティアの方

1.開設日時    平成30年7月8日(日)から  午前9時00分~午後4時30分

※活動は7月9日(月)から  午前9時00分~午後3時30分まで

2.開設場所    与謝野町社協本所(与謝野町幾地908番地)

3.活動場所    与謝野町内の被災住居及びその周辺

4.協 力 者    与謝野町内に在住・在勤の方

5.参加者負担金 無し(ボランティア保険未加入の方は、受付の際に加入させていただきます)

※平成30年4月以降に加入済の方は『ボランティア保険加入者カード』をご持参ください

6.その他

別紙募集チラシ(PDF)参照

※※※ 活動の前に 水害ボランティア作業マニュアル(PDF) をご一読ください ※※※

京丹波町がボランティアの募集を停止

http://www.kyoshakyo.or.jp/kyotanba/volunteer/post_102.html

京丹波町災害ボランティアセンターからお知らせします。今回の大雨災害により710()から開設しておりました災害ボランティアセンターは多くのボランティアの皆様のご協力により、住宅内の泥出しや土砂の撤去活動等は一定収束に向かっていることから、714()の午後4時をもって一旦閉鎖させていただきます。また、ご支援いただくボランティア活動についても団体として既に受付いただいた方のみとさせていただきます。なお、今後、家財道具の運び入れ等の依頼が入りましたら、あらためてボランティア募集の呼びかけをいたしますので、ご協力よろしくお願いいたします。

また、活動に入られる前には「水害ボランティア活動マニュアル」をご一読ください。

兵庫県

https://web.pref.hyogo.lg.jp/

丹後市がボランティアの募集を停止

http://tambawel.jp/publics/index/99/&anchor_link=page99_519#page99_519

 平成30年7月9日(月曜日)に開設しました丹波市災害ボランティアセンターを、7月17日(火曜日)の午後5時をもって閉鎖いたしました。
 今回の災害で、受け付けたニーズは29件で、すべて完了いたしました。
 また、ボランティアに駆けつけていただいた方の数は累計で227人(丹波市内の方100人、丹波市外の方127人)もの方々にお世話になりました。
 おかげさまを持ちまして、7月9日(月)に災害ボランティアセンターを立ち上げて以降、8日間で収束することができ、被災された方の家屋の早期復旧を助けることができました。
 丹波市の被災された方のために酷暑の中駆けつけ、泥だらけになりながら大汗をかいて作業してくださったボランティアの皆様、センターが運営しやすいよう様々な支援をいただきました関係者・関係機関の皆様にこの場を借りて、厚くお礼申し上げます。
 ありがとうございました。

宍粟市がボランティアの募集を停止

http://www.shiso-wel.or.jp/news/

連休も後半に入り、7月15日(日)、16日(祝)と、連日の炎天下の中、ボランティアのみなさまにご協力いただきました。
ボランティア活動が始まり1週間、延べ248名の方々が活動されました。
本日をもちまして、ボランティアセンターで運営してきました災害救援活動を終了し、今後のニーズ(困りごと等)についても、個別に対応していきますので、引き続き、ご理解とご協力をお願いします。
平成21年豪雨水害時のような、被害件数(住家)ではありませんでしたが、出てきましたニーズに丁寧に対応してきました。
被災家屋等での救援活動をはじめ、物資の支援、孤立した集落への心のケア、そして、たくさんの応援メッセージ等、みなさまからの心温まるご支援に対しまして、この場をお借りしてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。〜宍粟市社協役職員一同〜

鳥取県

http://www.tottori-wel.or.jp/p/soumu/3/

現在活動を休止しています

■鳥取県災害ボランティア隊活動情報■

鳥取県災害ボランティア隊の活動中止について

7月4日(水)に大阪府北部を震源とする地震の被災地支援を行うため、「鳥取県災害ボランティア隊」が出発しましたが、活動先となる大阪府高槻市では7月5日朝から大雨が続き避難勧告が発令され、ボランティア活動ができない状況となりました。7月6日も大雨の予報であることから、活動を中止し、7月5日夜に帰鳥しました。

なお、本会では現地の天候・ニーズ等を考慮し、今回の参加者の中から希望者を募り「鳥取県災害ボランティア隊」の再度の活動を検討しています。

島根県

http://www.pref.shimane.lg.jp/

川本町がボランティアの募集を停止

https://www.kawamoto-shakyo.or.jp/

災害ボランティアセンターでは、町内及び県内の多数のボランティアの皆様にご協力をいただき、大変ありがとうございました。

7月14日からのボランティア募集を中止いたします。

災害ボランティアセンターは7月14日午前中をもちまして閉鎖させていただきます。

ご協力ありがとうございました。

美郷町がボランティアの募集を停止

http://www.misato-shakyo.jp/286.html

平成30年7月豪雨災害にあたり、多くのボランティアの皆さまをはじめ、
関係機関及び関係団体の皆さまには、猛暑の中ご協力をいただき
誠にありがとうございました。

さて、本センターの活動につきまして、各地域の皆さま並びに関係機関と
協議を行い、7月16日(月)をもちまして閉所することといたしました。
全ての皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました。

尚、今後もお困りごとがございましたら、美郷町社会福祉協議会へ
ご連絡ください。

美郷町社会福祉協議会 会 長 田邊 康文

江津市がボランティアの募集を停止

http://gotsu-syakyo.jp/

江津市災害ボランティアセンターの閉所について(お知らせ)

(平成30年7月27日、15:00時点)

7月7日から8日の西日本豪雨による江津市内の被災者支援のために活動してまいりました、江津市災害ボランティアセンター(以下「センター」といいます)は、7月26日に閉所いたしました。
活動期間中は、被災された市民の支援のため、酷暑のなかを駆けつけてボランティア活動をしていただきました皆様方に対しまして、深く感謝申し上げます。また、センターの円滑な運営に多大なお力添えをいただきました関係者・関係機関の皆様や活動資材や飲料水、タオルなどのご提供等、物心両面にわたりご支援ご協力を賜りました企業、団体、個人の皆様に対しまして、心より厚く御礼申し上げます。
センター閉所後は、江津市社会福祉協議会内の江津市ボランティアセンターが引き継いで、被災された市民の皆様の生活相談など生活復興を支援してまいりますので、引き続き皆様方のご支援ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
なお、センターの活動につきましては、facebookに掲載しておりますのでご覧ください。
>>詳しくはこちら

岡山県

http://www.pref.okayama.jp/

総社市がボランティアを募集中

http://www.sojasyakyo.or.jp/infomation/category/volunteer

平成30年7月豪雨及び、市内工場における爆発事故により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
7月8日(日)から設置・運営しております「総社市災害ボランティアセンター」において、ボランティアとしてご参加いただいた方は延べ14,000人を超え、これまで354件のニーズに対応していただきました。
皆様のあたたかいご支援により、ボランティア活動のご依頼は残りわずかとなり、復興に向けた一定の時期を迎えようとしていることに、心より感謝申し上げます。
このような状況から、9月1日(土)から、「総社市復興支援センター」へと名称を変更し、被災者の暮らしの相談支援などに重点を置いた運営体制へと移行いたします。
なお、これまで同様のご依頼(家財道具の運搬や土泥の撤去、家屋内の掃除や片付けなど)についても、活動日を調整のうえ、可能な限り対応いたしますので、ご相談ください。

総社市復興支援センター:080-2889-5642

【ボランティアの活動内容】
  •  (1)被害の大きな地域への支援
  •  (2)支援物資受け入れ
【ボランティア時の服装】
 ・長袖、長ズボン ・着替え ・帽子
・皮手袋(作業用。ガレキの撤去やガラス片の撤去に必要です)
・長靴(あれば) ・安全靴(あれば) ・タオル
・スコップ(大きいもの)、ジョレン等の作業用具(あれば)
・リュック等両手が使えるカバン
・ご自身の飲み物、食べ物(必ず)

高梁市がボランティアの募集を制限

http://www.takahashi-shakyo.org/

高梁市社会福祉協議会では、一人でも多くの方が1日でも早く元の生活に戻れるように、7月9日に「高梁市災害ボランティアセンター」を開設して、支援を必要としている方にボランティア活動を行ってまいりました。市民の方をはじめ、岡山県内、また全国各地から延3,000人(7月25日現在)を超えるボランティアの皆様に協力いただきました。本当にありがとうございました。
これまでに寄せられた支援の依頼に対する活動に一定の目途がついたこと等、下記理由により8月1日から「高梁市災害支援センター」として移行することになりましたのでお知らせいたします。
なお、被災後の急迫した状況は落ち着きつつありますが、これからは、市民の皆様を中心とした継続的な活動とともに、市民同士のつながりによる災害に強い地域を作っていくために、登録ボランティアを大募集いたします。より多くの高梁市民の皆さまに、ボランティア登録をしていただきたいと考えています。

詳細は、こちらをご覧ください。→登録ボランティア大募集のチラシ

高梁市ボランティアの輪を広げていくために、このチラシをご友人、知人、近隣の皆さまなどにご案内いただけますと、大変ありがたいです。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

1|災害支援センターへの移行理由
  • ・被災した家具や畳等の搬出、泥の撤去等、被災直後ニーズが減少したため
  • ・復旧に向けて、主に生活面や経済面での相談ニーズの増加が予想されるため
2|災害支援センターの業務について
被災された方の生活に関するあらゆる相談を受け付けます。また、敷地内の土砂搬出、家財の片付けなどの依頼も引き続き受け付けます。
3|スケジュール
~7月29日(日):災害ボランティアセンターとしてボランティア活動を行います。
7月30日(月)・31日(火):移行の準備期間とします(原則ボランティア活動を行いません)。

8月1日(水)~:災害支援センターを開設し、高梁市民ボランティアによる活動を行います。

<お問合せ・ボランティア登録先>
高梁市社会福祉協議会内 高梁市災害支援センター
電話:0866(22)7243

笠岡市がボランティアの募集を停止

http://kasaoka.or.jp/

  • 2018年7月16日(重要)本日をもちまして災害支援ボランティア(一般)の募集を終了します。大変大勢の方にご協力いただきましてありがとうございます。

岡山市がボランティアを募集中

http://bit.ly/2oCeFnH

≪岡山市災害ボランティアセンターについて≫

≪毎日更新≫

≪災害ボランティアについて≫

≪情報について≫

倉敷市がボランティアを募集中

https://peraichi.com/landing_pages/view/kuravol

気温が下がり爽やかな秋の風が吹く倉敷です。

現在の集計では452名の方にご参加いただいています。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

ボランティアWEB受付→Peatix:倉敷市災害ボランティア特設ページ

▼倉敷市災害ボランティアセンターtwitter

▼倉敷市社協Facebookページ

倉敷市災害ボランティアセンター

    • 技術者と車両系ボランティアの募集です!

      現在、下記のご協力をしてくださる方、大募集中です!
      ▼軽トラック持ち込みで運搬等の活動をしてくださる方
      ▼ワゴン車等でボランティアさんの送迎をしてくださる方
      ▼大工さんや建築系の技術者の方で、壁や床、天井などの解体の知識と技術をお持ちの方

      ご協力くださる方は倉敷市災害ボランティアセンターのHPよりお申込みいただくか、 ボランティアセンターまで直接お電話をお願いいたします。 ※センターの資機材には数に限りがございます。必要と想定される機材はお持ち込みいただけますと助かります。  ご協力よろしくお願いいたします。

      ▽お申し込み▽
      技術系ボランティアの受け付けフォーム 
      ▽ボランティアセンターに電話で申込む
      086-526-4970(受付9:00~16:00)

    • 運営支援チームより「活動継続のための物資支援のお願い」倉敷市災害ボランティアセンターの運営支援チームでは、日々、活動をくださるボランティアの方々に使用いただく道具や消耗品、安全管理のための物品の寄付(物資支援)を募集しております。ご支援いただける方は以下リンク先よりお願いいたします。皆様のご支援、本当にありがとうございます。

      ▼リンク先:スマートサプライ「倉敷市災害ボランティアセンター泥かき作業応援プロジェクト」

新見市がボランティアの募集を停止

http://www.shakyo-niimi.jp/svc.htm#irai

  • ボランティア活動を希望される方

    ボランティア活動希望者の募集は7月20日で終了しました。
    ご協力いただいた多くの皆さま、どうもありがとうございました。また、今後新見市災害支え合いセンターにおいて、ボランティアによる支援が必要になりましたら、再度お声かけをさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

矢掛町がボランティアの募集を停止

http://www.town.yakage.lg.jp/syakyo/yakage.htm

矢掛町災害ボランティアセンター閉所について(9月4日更新)

 全国各地から多くのボランティアの皆様にご支援いただき、ありがとうございます。
 矢掛町災害ボランティアセンターは7月11日の開設から、延べ1,970名のボランティアの皆様にご協力いただき、397件の依頼に対応してきました。
 被災各地にて、連携団体の方々が聞き取り調査をするなどニーズを収集してきましたが、被災された方からの依頼が収束したことから、
9月9日(日)をもって矢掛町災害ボランティアセンターを閉所することといたしました。
 なお、
被災された方からのボランティア活動依頼やご相談は、閉所後も引き続き矢掛町社会福祉協議会で受付けます。
 これまでにボランティア活動に携わっていただきました多くの皆様、関係団体の皆様に心より感謝申し上げます。

浅口市はボランティアの募集を停止

https://fukushiasakuchi.net/blog/

浅口市社会福祉協議会は、下記のとおり「浅口市災害ボランティアセンター」を開設しました。ボランティアの支援を希望される方は、下記の連絡先までご連絡ください。
支援活動は、浅口市社協に登録されている浅口市災害ボランティア方にお願いし、当面はボランティアの募集は行いません。

≪設置場所≫  浅口市社会福祉協議会本所(浅口市鴨方町鴨方73番地)

≪開設期間≫  平成30年7月11日(水) 土日祝日を含むしばらくの間

≪主な内容≫  家のまわりの泥かき
家のまわりの溝の泥上げ
泥や災害ゴミの処分
※基本的に人力で行いますので、危険を伴う作業や大規模な作業は
お断りしています。

≪連絡先≫  浅口市社会福祉協議会 災害ボランティアセンター
電話:0865-44-7744
FAX:0865-44-1113

広島県

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/saigai201807/

広島市がボランティアの募集を再開(区ごとの対応になります)

https://shakyo-hiroshima.jp/saigai/

府中市がボランティア募集を停止

http://fuchu-shakyo.or.jp/category/news

府中市災害ボランティアセンター(被災者生活サポートボランティアセンター)に多方面からご支援をいただきありがとうございました。

猛暑の中、市内、近隣市町、府中市にご縁のある方などボランティアに携わってくださった方々は延622名にのぼり、温かい気持ちとご支援が被災された皆様の支えとなりました。

被災された皆様に寄り添い、継続した支援を行った結果、ご要望も減少したため、本日をもって「府中市災害ボランティアセンター」を閉所いたします。

なお、「府中市災害ボランティアセンター」の閉所後においては、府中市ボランティアセンターの活動として引き続き相談を受け付け、支援を行っていきます。

坂町がボランティアを募集中

http://saka-shakyo.com/tasukeai.html

「災害たすけあいセンター」を設置しました。

設置場所

坂町社会福祉協議会1階アセンブリーホール(安芸郡坂町平成ヶ浜一丁目3番19号)

駐車場

平成ヶ浜中央公園(安芸郡坂町平成ヶ浜五丁目)

連絡先

•問合せ時間:9時~17時

【ボランティアが必要な方】

電話:080-5062-9699

【ボランティア活動をしてくださる方】

電話:080-5061-9581

ボランティア活動について

受付時間 :9時~12時(毎日)

東広島市がボランティアを募集中

https://higashihiroshimashi-syakyo.jp/detail_saigai.php?id=364&mode=

このたびの大雨災害により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
東広島市社会福祉協議会では、被害を受けた市民の皆様に対する生活支援(ボランティア)活動を行うため、次のとおり「東広島市被災者生活サポートボランティアセンター(通称:災害ボランティアセンター)を開設します。
市民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

■開設日
平成30年7月9日(月)

■開設場所
東広島市総合福祉センター
(東広島市西条町土与丸1108番地)

■活動内容
・家屋内に流入した土砂の撤去
・家財の移動、搬出
・家の清掃、片付け
・その他、生活を再建するために必要な活動
※市民によるボランティア活動であるため、専門的な知識や技術を要する活動や危険を伴う活動は行いませんので、ご了承ください。

■困りごとの相談・ボランティア依頼の相談
受付開始日:平成30年7月9日(月)
受付時間:9時~16時
相談専用電話: 080-2900-2453
FAX: 082-423-8525

■ボランティアの活動開始日
7月15日(日)
※それまでの間は、平常時から東広島市社協に登録している地域団体やボランティアグループ等により活動を行います。

■ボランティアの募集範囲
市内に在住、勤務又は在学している方
※ボランティアの活動開始に関する詳しい内容(受付の開始時間、駐車場等)は、準備が整い次第、改めて情報提供させていただきます。

三次市がボランティアの募集を停止

http://www.miyoshi-shakyo.com/topic?id=1#813

多くのボランティアの参加があり、新たな募集は終了させていただきました。

ご協力ありがとうございました。

☆ 問い合わせ先 ☆
まずは次の連絡先へご連絡ください。(申込みが必要です)
三次市社協災害ボランティアセンター
申込み受付時間 : 9:00~16:00
所在地 : 三次市十日市東三丁目14-3(三次市福祉保健センター2階)

問い合わせ・申込み : 電話 (0824)63-3340

世羅町がボランティアの募集を停止

http://blog.livedoor.jp/serashakyo/

月9日から開設しておりました、災害ボランティアセンター(世羅町被災者生活サポートボランティアセンター)に、各方面よりご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございました。
この度の災害復興支援において、世羅町でボランティア活動してくださった方々は、7月23日(月)の時点で延べ人数207名となりました。

連日の猛暑で過酷な現場となりましたが、たくさんのボランティアの方々のご協力により無事活動を終え、災害ボランティアセンターは7月30日(月)午後5時30分をもちまして閉鎖いたしました。

これまで住民の皆さまの生活支援に係るニーズについて、ボランティアの皆さま等のご協力により作業は一段落しました。今後は通常のボランティアセンター機能に戻し、被災された方々が一日でも早く安心した生活が送られるよう、引き続き支援を続けて参ります。

竹原市がボランティアを募集中

http://takeshakyo.blog106.fc2.com/

竹原市被災者生活サポートボランティアセンター(災害ボランティアセンター)設置について

2018年7月6日の豪雨によって被害を受けられた住民の皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
竹原市社会福祉協議会では、被害を受けた市民の皆様に対する生活支援(ボランティア)活動を行うため、次のとおり「竹原市被災者生活サポートボランティアセンター(通称:災害ボランティアセンター)を開設します。

○場  所
竹原市ふくしの駅(竹原市中央三丁目13-5 竹原市社会福祉協議会内)
○開 設 日
平成30年7月10日(火)から開設
○開設時間
9時から17時

○困りごとの相談・ボランティア依頼の相談
受付開始日:平成30年7月10日(火)
受付時間:9時~16時
相談専用電話 : 0846-22-8986
FAX : 0846-23-0084

○ボランティアの募集範囲
市内に在住、勤務又は在学している方
※ボランティアの活動開始に関する詳しい内容(受付の開始時間、駐車場等)は、準備が整い次第、改めて情報提供させていただきます。

■活動内容
・家屋内に流入した土砂の撤去
・家財の移動、搬出
・家の清掃、片付け
・その他、生活を再建するために必要な活動
※市民によるボランティア活動であるため、専門的な知識や技術を要する活動や危険を伴う活動は行いませんので、ご了承ください。

三原市がボランティアを募集中

http://www.m-shakyo.jp/

◯7月6日に発生した記録的な大雨により,甚大な被害が確認されています。

被害によりお亡くなりになられた方々に対し,謹んで哀悼の意を表しますとともに,

被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。

(平成30年8月15日14:30更新)

 三原市災害ボランティアセンター開設(平成30年7月10日(火)から)

平成30年7月6日に発生した大雨による災害に伴い,以下のとおり災害ボランティア

センターを設置しています。 

場    所 : 南方コミュニティーセンター(三原市本郷町南方3985番地の1

開設時間 : 9時から17時

(1)ボランティア活動受付   ※チラシ【PDF】

①090-7735-4042   ②080-2300-1731(団体受付)

         ※ボランティア活動の現地受付は11時30分迄です。

    ●ボランティア活動 団体用受付票はこちら⇒ ※様式【Word】 ※様式【PDF】

ボランティアに関するお問合せは上記電話へお問合せください。

※おかけ間違えのないようにお願いします。

(2ニーズ(困りごと)受付      チラシ【PDF】

① 090-2465-0065  ② 090-2465-0035  ③ 090-2465-0049        連絡先(受付時間9時~16時)  ※受付時間外の電話はご遠慮ください。

 ※ 三原市災害ボランティアセンター福地を開設しました。

場    所 : 尾道市吉和公民館(尾道市福地町9番19号)

(1)ボランティア活動受付   ※チラシ【PDF】

       ●ボランティアバスを運行します(天候により,運行しない場合があります)

            【8月17日~20日】 三原駅発 ※詳細【PDF】

       【8月18日・19日・21日・22日】 福山駅発

※広島県ボラバス  https://hiroshima.shienp.net/747

   三原市災害ボランティアセンター Facebook 

            https://www.facebook.com/miharavc/

   ●災害派遣等従事車両証明書に係るボランティア証明書について

       様式はこちら ⇒  ※様式【Word】   ※様式【PDF】

        ●生活福祉資金(緊急小口資金)特例貸付について

      相談・申込 ⇒ 受付窓口 三原市城町1-2-1 サン・シープラザ内

               受付時間 10時~15時30分

         ※ 詳細はこちら

尾道市がボランティアの募集を停止

http://onomichishakyo.blog62.fc2.com/

連日多くのボランティアの皆様のご協力・ご支援をいただき、誠にありがとうございます。
7月11日からボランティア活動を開始して以来、毎日(お盆・雨天等をのぞく)ボランティアの受付・派遣をおこなってまいりました。
おかげをもちまして、8月28日現在、被災者からのボランティア要請に対して収束のめどが立ちましたので、8月31日でボランティア募集を終了させていただきます。
また、募集の終了に伴いまして、ボランティア専用回線(0848-23-9911)を閉鎖いたします。
引き続き、被災者からの新規ご相談は代表電話で受け付けますので、お気軽にご相談ください。
【受付時間】9時~16時
【代表電話】0848-22-8385

また、福地サテライトのボランティア活動につきましては、下記URLをご参照ください。
三原市社会福祉協議会のホームページ

海田町がボランティアの募集を一部制限

http://park11.wakwak.com/~kaita-shakyo/


この度の災害で被災された方々に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

海田町災害ボランティアセンターでは

ボランティアニーズ受付を行なっています。
(平日8時30分~17時)

ボランティア募集のお知らせ

9月15日(土)16日(日)ボランティアを募集します。(両日20名程度)

事前に、お電話(082-820-0294)で申し込んでください。

熊野町がボランティアの募集を停止

http://park11.wakwak.com/~kumano-shakyo/oshirase/index.html

連日多くのボランティアのみなさまにご協力をいただき、誠にありがとうございます。
7月10日からボランティアの活動を開始して以来、これまで毎日(お盆期間及びニーズ調査機関、雨天等を除く)
ボランティアの受付・派遣を行ってきました。
みなさまにご協力をいただき、現在受けておりますニーズに関しましては、ほぼ終了する見込みとなりました。
今後につきましては、ニーズの依頼者と事前に調整を行い、改めて活動のご登録をしていただいた方に、活動の依頼をさせていただきます。
関係の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、引き続きご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

【今後のお知らせ方法及び活動方法】
●熊野町災害ボランティアセンタ-にメ-ルアドレスの登録をしていただきます。
●活動がある場合は、メ-ルで活動日と活動内容、予定人数をお知らせさせていただきます。
●メールを受け取った方は、参加の有無(返信)をお知らせください。
●返信のあった登録者の方を対象に災害ボランティアセンタ-でマッチングをさせていただきます。
●活動予定者数(先着順)を超えた場合は、お断りする場合もありますのでご了承ください。
※詳しくは熊野町災害ボランティアセンタ-(熊野町社会福祉協議会内)までお問い合わせください。

・被災された方で、ボランティア活動(土砂のかき出し・床下の土砂のかき出し・片づけ・土嚢やガレキの運搬など)の
必要な方の受け付けを行っています。

熊野町社会福祉協議会まで、FAXやEメール、電話等で情報をお願いいたします。
〒731-4214広島県安芸郡熊野町中溝一丁目11番1号 (熊野町民会館横の熊野町中央地域健康センター内)
TEL:082-855-2855    FAX:082-820-5082   メールアドレス:kumano-shakyo@ac.wakwak.com
被災された皆さまへのお手伝い     被災支援受付表

江田島市がボランティアの募集を停止

http://etajima-syakyo.org/

 ◆江田島市被災者生活サポートボランティアセンター◆
被災者生活サポートボランティアセンター閉所のおしらせ
 この度の豪雨災害に被災された皆様へは心よりお見舞い申し上げます。
平成30年7月10日より、被災された皆様へボランティア支援を調整することを目的として設置いたしました
「江田島市被災者生活サポートボランティアセンター」は、当初のボランティアニーズへの対応が一定収束し
たことから、平成30年8月10日をもちまして閉所いたしました。
なお、今後の対応につきましては、通常の社協のボランティアセンター(えがおえたじま応援センター)へ
移行して、引き続き支援が必要な方へのお手伝いを続けてまいりますので、よろしくお願いいたします。

⇒支援が必要な方は  0823-40-2210 (江田島市社協 地域福祉課)へご連絡下さい。

 多くの皆様のご支援とご協力につきましては、心より御礼申し上げます。

【災害ボランティア活動実績】
・配水ボランティア    回数 405件(対象者185名)
・土砂撤去等ボランティア 回数 308件(162ヶ所)
・ボランティア活動者数  述べ 2,623人

府中町がボランティアの募集を停止

http://www.akifuchu-shakyo.jp/

この度の豪雨災害に伴い設置した府中町災害ボランティアセンターは、今後の活動について一定の目途がついたため、8月10日(金)をもって閉所いたします。皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
※8月10日(金)までは引き続き、ボランティアの募集・活動を行いますので、よろしくお願いいたします。

なお、住宅敷地内の堆積土砂の撤去等を希望される場合には、府中町が業者に委託して撤去することになりました。
詳しくは、以下をご参考ください。

住宅敷地内の堆積土砂の撤去について(府中町ホームページより)
(https://www.town.fuchu.hiroshima.jp/soshiki/17/12363.html)

※災害支援情報(https://www.town.fuchu.hiroshima.jp/soshiki/17/12041.html)

問合せ先:府中町 安心安全室 TEL/082-286-3243 FAX/082-286-3126

庄原市がボランティアの募集を停止

http://shakyoshobara-city.or.jp/

庄原市被災者生活サポートボランティアセンターに、各方面よりご支援に感謝申し上げます。ありがとうございました。
庄原にボランティアに駆けつけてくださった方々は、7月20日午後5時の時点で、延べ人数約285人となりました。
また、支援物資もたくさん頂戴し、心より感謝申し上げます。

おかげをもちまして、庄原市被災者生活サポートボランティアセンターは、昨日7月20日(金)午後3時をもって閉所しました

これまで住民の皆様の生活支援に係る要請45件について、ボランティアの皆様や近隣住民の方、親戚などの協力により作業は完了しましたが、引き続き通常のボランティアセンター機能に戻し、復興に向け寄り添った支援を続けて参ります。

地区別ボランティア依頼状況(H30.7.21AM900現在)
地域・依頼件数

庄原6件 西城2件 東城33件 総領4件   合計45件

地域・完了件数

庄原6件 西城2件 東城33件 総領4件   合計45件

依頼内容・活動内容

浸水した住居内の家財道具撤去、畳の搬出、床・床下の土砂撤去、軒下等の粗大ゴミ(家財)整理など

本当に本当に、ありがとうございました。

福山市がボランティアの募集を停止

http://www.f-shakyo.net/2018ooamesaigai.html

  この度の大雨災害により,ボランティアを必要としておられる方・ボランティア活動にご参加いただける方,ご連絡ください。

 【災害にかかるボランティアのご相談・受付窓口】

福山市社会福祉協議会(福祉のまちづくり課)

電話:084-928-1333 FAX:084-928-1331


2018年7月5日未明に、当市において大雨による災害が発生しました。
災害により,被災されました皆様に心からお見舞い申し上げます。
福山市社会福祉協議会では,福山市と連携し被害状況の情報収集を行うとともに,被害を受けた方への支援活動を行います。
多くのボランティアの力が必要です。みなさまのご協力をお願いいたします。ボランティア募集チラシ(PDF
小雨・雨天・悪天候の場合は,活動を中止する場合がございますので,
当ページにてご確認ください。(中止の場合のみ,その旨掲載します。)
現場の状況により,ボランティアへのお申し込みを,お断りさせていただく
場合がございますので,ご了解ください。
また,前日までの活動状況により,活動当日に活動が無い場合もござい
ますので,ご了解 ください。

呉市がボランティアを募集中

http://bit.ly/2NmNW9e

【くれ災害ボランティアセンター開設のお知らせ】

7月豪雨災害による復興ボランティアを下記の通り募集致します。

作業内容:土砂の撤去作業等
応募方法:お電話でのみ受付0823-53-2233/くらはしサテライト09:00〜17:00まで。
集合場所:倉橋市民センター1階 但し小学生は保護者同伴)
用意するもの:作業に適した服装、長靴、手袋は必須。スコップはできるだけご持参ください。(短パン不可)※当日マスクはこちらで配布致します。※飲料、食事は各自持参。
集合場所:倉橋市民センター1階 呉市倉橋町才ノ木431番地
集合時間:08:30〜※登録と打ち合わせの後、09:00出発予定。
作業場所:作業場所は当日決定になります。呉市倉橋地区の作業になりますので、集合場所から30分圏内になります。
募集人数:20(ボランティア登録し、ボランティア保険に加入しますので、名前、住所、生年月日等のご記入をお願い致します。費用はかかりません。)

くれ災害ボランティアセンター
呉市社会福祉協議会
呉市
公益社団法人 呉青年会議所
くれ災害ボランティアセンター「大きな和」
特定非営利活動法人呉サポートセンター くれシェンド

【呉市内・近隣企業の皆様へ】

7月6日(金)からの大雨被害による河川の氾濫・土砂崩れ等により呉市内各地で甚大な被害が発生しております。

現在,「くれ災害ボランティアセンター」を運営するにあたり,広域的災害のため,活動資機材が絶対的不足状態にあります。

ご協力いただける企業様がいらっしゃいましたらご連絡ください。

なお,活動中に破損することが考えられますので,可能な限り無償制度でお願いいたします。

(資機材 例)

・一輪車 ・スコップ ・じょれん ・十能 ・デッキぶらし ・バール等

shovel.jpgichirin.jpg

(連絡先)

社会福祉法人 呉市社会福祉協議会

TEL 0823-25-3505

FAX 0823-25-7453

【呉市全域の交通状況について】

現在の交通状況を随時掲載しますのでご確認ください。

平成30年7月13日 15:00 現在

kotsujoho-001.jpg

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ボランティアをはじめたいと思うきっかけは,人それぞれです。
だれもが人間らしく豊かに暮らしていける社会を目指し、それぞれの身近なところで「自分にできること」からはじめられます。

ボランティア活動は,子供も高齢者も障害者が,ともに生き,ともに学び,ともに育ち,ともに暮らしていくために「何かをしたい」と思うことを自ら進んで行う活動です。

そして,活動の中から相手に対する思いやり、信頼関係を築いていくものです。
そこでは、相手に何かを「してあげる」という考えかたではなく、「お互いに共感していく」という対等の立場に立つことが大切です。

ボランティアの存在が,点となり,線となり,面となって,地域ぐるみの福祉活動が推進されることが,住みよい地域社会づくりへとつながっていくのではないでしょうか。

興味のある方は,まずは「はじめの一歩」を踏み出してください!

■ボランティア登録について

呉市社会福祉協議会ボランティアセンターで行っています。

※ボランティア団体の登録はくれ市民協働センターでも行っています。

■ボランティアセンターでの役割

①コーディネート
ボランティアがしたい人とボランティアして欲しい人をつなげる「かけはし」となります。

②団体・個人のボランティア登録
ボランティア活動をしたい人(個人)やグループ(団体5名以上)のボランティアの登録を受け付けています。

③ボランティア講座の開催
ボランティアをしたいけど,どうやって始めたらいいんだろう・・・どんな気持ちでボランティアをしたらいいんだろう・・・私でも何か役に立つことないかな・・・など,ボランティアに興味のある方を対象に講座を開催します。

④ボランティアに関する情報提供
月1回「呉ボランティア情報」を発行します。(年10回・8月1月休刊)
各地域の情報,ボランティア団体からの募集や行事などを掲載しています。

⑤ボランティア保険の加入窓口
ボランティアセンターでは,ボランティア活動中の事故やケガに備えて,ボランティア活動保険やボランティア行事用保険の加入の受付を行っています。


yajirusi2.gifボランティアって?

yajirusi2.gifボランティア保険のご案内

yajirusi2.gifボランティア活動のご紹介

ボランティア保険のご案内ボランティア活動保険加入のお願い

ボランティアセンターボランティア活動に参加される人は,事前に保険加入手続きを済ませてから,被災地へ向かわれますよう,お願いします。

【保険料】

〇基本タイプ  Aタイプ 350円

〇基本タイプ  Bタイプ 510円

安芸高田市がボランティアの募集を停止

https://www.facebook.com/akitakatavc/

安芸高田市災害(被災者生活サポート)ボランティアセンターに、各方面からのご支援、ご協力をいただき、ありがとうございます。

先日、お知らせさせていただきましたとおり、災害ボランティアセンターを
8月31日(金)17:00をもって、閉鎖させていただきました。

 連日の猛暑のため、熱中症の心配をしながらの現場活動となりましたが、多数のボランティアさんのご協力により、無事活動を終えることができました。
また、センターの円滑な運営にお力添えや、物心ともどもにわたりご支援等をいただきました、個人・団体・企業の皆さまに対しまして、厚く御礼申し上げます。
おかげさまで、住民の皆さまの生活支援にかかるニーズについても一段落しました。
今後は社会福祉協議会の通常業務の中で、復興に向けた支援を引き続き行なってまいります。

ありがとうございました。

大崎上島町がボランティアの募集を停止

http://www.syakyo.net/sub7.html

【更新情報】(平成30年8月2日更新)

◎大崎上島町災害ボランティアセンターの閉所について

7月13日(金)から開所し、大変多くの皆様からのご支援ご協力を賜り、本当にありがとうございました。
また、ボランティア活動だけでなく、災害ボランティアセンター運営に係る支援物資もたくさん頂戴し、心より感謝申し上げます。

被災された方からの要望も減少し、少人数での対応が可能となったため、

大崎上島町災害ボランティアセンターは、8月3日(金)17時

をもちまして、閉所いたします。

これまで住民の皆様からのお困りごとの相談件数は40件、対応件数は31件となり、総勢105名のボランティアの皆様により、 床上浸水や土砂災害等で発生した大型家具等の災害ゴミの処理、土砂出しなどを中心に活動いただきました。

災害ボランティアセンターは閉所いたしますが、引き続き通常の大崎上島町ボランティアセンターでお困りごとの相談をお受けし、対応いたしますので、下記連絡先へご連絡のほど、よろしくお願いいたします。

【お問い合わせ】
大崎上島町ボランティアセンター(大崎上島町社会福祉協議会内)

場所:木江保健福祉センター
豊田郡大崎上島町木江5-9

電話:(0846)62-1718 FAX:(0846)62-0816

対応時間:月曜日~金曜日 8:30~17:15

担当:波多野、米今

玉野市がボランティアの募集を停止

http://tamano-shakyo.sakura.ne.jp/info/1650.html

ボランティア募集につきましては、定員に達しましたので
募集を終了しました。ありがとうございました。

このたびの豪雨で発生した玉野市内の土砂災害に対し、ボランティアを募集します。

<内容>
日にち:募集は終了しました。
時間:9時(集合)~夕方
場所:和田地区
募集人数:①10人程度、②5人程度
※市内および近隣市町村の人(高校生以上)
※定員に達しましたら募集は終了します。
※参加の日にちは両日、一日のみどちらでも結構です。

<活動>
①家(屋内)の泥だし、家具の移動、片付け、土のうの運搬
②側溝の泥だし、土のうの運搬

山口県

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/

周南市がボランティアの募集を停止

http://www.shunan-shakyo.or.jp/modules/area/index.php?content_id=8

本日にて、7月9日の当センター開設して以来、お寄せいただいた59件のニーズを全て完了することができました。これもひとえに、周南市内外から駆け付けて、炎天下のなか作業くださいました延べ1,169人の災害ボランティアの皆さんのおかげです!心より厚くお礼申しあげます。ありがとうございました!

そして、当センター開設当初から、周南市熊毛総合支所をはじめ、木村 周南市長をはじめ周南市の全面協力をいただき、人的協力や資機材の調達、送迎車両の手配、災害ゴミの臨時集積場の設置や個別収集の実施についての情報提供などで当センターの運営を大きく支えてくださいました。

また、テントや無線機をはじめとする災害用資機材の多くを無償でご寄贈くださった日本財団様をはじめ、3週間休みなく大量の氷を提供くださるとともに、当センタースタッフとしてご活動いただいたケアハウス三丘様、山口県社会福祉協議会様や県内の市町社会福祉協議会の職員の皆さん、災害ボランティアさんのためにタオルや飲料、塩飴などを大量に差し入れてくださった多くの個人や企業・団体の皆さま、当センターの敷地を優先的に使用させてくださった周南市シルバー人材センター熊毛支部様、熊毛町商工会様、徳山医師会訪問看護ステーション様など、実に多くの皆さまに支えていただきながら活動してきました。

光市がボランティアの募集を停止

http://www.hikari-shakyo.or.jp/saigai_hika/saigai_main.htm

~「災害ボランティアセンター閉所のお知らせ」及び
「光市社協災害生活応援センターの設置」について~
  本会では、7月11日(水)にあいぱーく光内の健診ホールに「光市災害ボランティアセンター」
を開設し、災害ボランティアの「ニーズ受付」及び「派遣調整」を行ってまいりましたが、被災された
方からの新規ニーズも減少し、一定の目途がついたことから、7月25日(水)をもってセンターを
閉所し
、引き続いて「光市社協災害生活応援センター」として本会の通常業務のなかで、必要
な支援を継続することといたしました。
これまでご協力いただきました多くのボランティアの皆様、そしてセンターの運営にご支援いただ
きました法人・事業所や各種団体の皆さまに対しまして心よりお礼申し上げます。7月26日(木)以降は、本会が運営するボランティアセンターの業務の中で、「光市社協災害生活応援センター」として、被災された方々に寄り添いながら必要な支援を継続しております。引き続きご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
「光市社協災害生活応援センター」の運営について

【設置場所】 光市ボランティアセンター (光市光井2丁目2-1 あいぱーく光 2階)
【運営時間】 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分
【受付窓口】 0833-74-3023
【運営内容】 ボランティアのニーズ及び相談受付、ボランティアの派遣調整、必要な支援、情報提供 等
【ボランティアの募集】 活動にご協力いただける方は事前に(0833-74-3020)までご連絡下さい。

岩国市がボランティアの募集を停止

http://www.iwasha.jp/iwashasaigaivol.html

平成30年7月18日の岩国市社協災害生活応援センターの開所以降、岩国市社協災害生活応援センターではボランティアの皆様にご協力いただきながら、豪雨災害で被災された方へ生活居住空間の確保をお手伝いして参りました。

この度、一定の目途がついたことから、平成30年8月3日(金)17時をもちまして岩国市社協災害生活応援センターを閉所させていただきます。

岩国市社協災害ボランティアセンター及び岩国市社協災害生活応援センターの活動にあたりましては、多岐にわたる皆様の御支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

なお、災害に関するご寄附につきましては、引き続き受付けておりますので、ご寄附を検討いただける場合には、岩国市社会福祉協議会へご連絡いただきますようお願い申し上げます。

今後は、今回の取組みを糧にしながら、災害ボランティアセンターの運営について検討を重ね、それを改めて平常時の取組みにつなげていく所存でございます。引き続き皆様からのご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

愛媛県

https://www.pref.ehime.jp/

大洲市がボランティアを募集中(軽トラ募集)

http://www.ozushakyo.jp/index.php

○大洲市社会福祉協議会災害ボランティアセンターを立ち上げます。

この度の梅雨前線の豪雨において、被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。
大洲市社会福祉協議会では、行政やNPOなどの各団体と連携して災害ボランティアセンターを立ち上げ、被災された皆様の『生活の困りごとや悩みごと』などのご相談を受け、駆けつけてくださるボランティアとの調整をしております。

名称:大洲市社会福祉協議会災害ボランティアセンター

住所:大洲市東大洲270−1(大洲市総合福祉センター)

携帯番号:080−5076−9426/電話番号:0893−23−0313

《ボランティアのみなさまへ》

【ボランティア募集の対象】

・年齢制限はありません。未成年の方は同意等の必要はありませんが、必ず保護者の了解を取ってお越しください。

・交通費・食費・報酬等の支給はありません。

・交通手段、宿泊場所が必要な方は各自でご手配ください。

・なるべく公共交通機関をご利用ください。

・お車の場合は駐車場に限りがありますので、出来る限り乗り合わせでお越しください。

・ボランティア活動保険については、当センターにおいて加入いたします。

※立ち上げ日時:平成30年7月10日(火)13:00〜

【ボランティア受付時間】

午前9時〜午後12時

※時間によっては、登録ボランティア保険加入手続きをさせていただき、翌日以降の活動紹介の場合もございます。

【ボランティア募集範囲】

※愛媛県内及び近隣圏(徳島・香川・大分・宮崎)

当面の間、ボランティア受け入れ人数の調整のため、上記の圏域を想定しております。

【活動内容】

・掃除・片付け・ゴミ出し・家具移動など。

【ボランティア活動時間】

午前9時〜午後5時(ボランティアセンター帰着午後4時)

〈望ましい装備・服装等〉

※活動に適した服装。活動に伴わない場合でも動きやすい服装でお越し下さい。また、住居や、食事、飲み物については、ご自分でご用意ください。

・動きやすく、汚れても良い服装、軍手、防塵マスク

・昼食、飲み物(スポーツドリンク、お茶等)

・室内活動用上履き

・長靴

・ヘルメット(出来る限り)

・雨具

※できる限り、スコップ等をご持参ください。

今治市がボランティアの募集を制限

https://www.facebook.com/imabarisvc/

今治市豪雨災害住民支え合いセンター
被災された方々や被災地域に寄り添い、少しでも支えとなるよう、災害ボランティアセンター閉所後も、継続的な活動を進めています。
↓詳しくは、こちらをご覧ください。
今治市豪雨災害住民支え合いセンター
http://www.imabari-shakyo.jp/volunteer/sasaeai.pdf
《連絡窓口》
今治市社会福祉協議会地域福祉課(今治市社会福祉協議会ボランティアセンター)
電 話:0898-22-6063 FAX:0898-34-6915 

他地域への被災者支援・ボランティア活動をお考えの方へ
現在、寄せられた支援ニーズへの対応を終えつつある災害ボランティアセンターがある一方、まだまだ支援が必要な地域もあります。とくに宇和島市、大洲市、西予市では、今後も多くのボランティアの力を必要としています。引き続きご支援をお願いいたします。

↓詳しくは、愛媛県社会福祉協議会「災害ボランティアセンター特設サイト」をご覧ください。(外部サイトへのリンクhttps://ehimesvc.jp/)

宇和島市がボランティアの募集を制限

http://www.uwajima-shakyo.or.jp/saigaiv.htm

7月7日、西日本豪雨災害により、多くの方が被害を受けました。
これに伴い、ボランティアを募集いたします。ボランティア活動をご希望
される方は、下記宇和島市災害ボランティアセンター(宇和島市社会福祉協
議会)までご連絡ください。
みなさまのあたたかいご支援をお待ちしています。
〇ボランティア受付
社協では、ボランティア受付窓口を設置しました。活動は、平成30年7月10日
からの予定です。
また、募集範囲については、現在のところ市内限定とさせていただきます。市外の
ボランティアさんについては、今後の状況に応じて募集をさせていただきます。
なお、当面の活動内容等は、次のとおりです。
・受付時間 8:30~11:00
・活動時間 9:30~16:00
活動内容
・室内清 掃
・土砂除 き
・家 具 ・ ゴ ミ 等 の 搬 出
・家 周 り 等 の 清 掃 など
準 備 物 (ボランティア本人が、お持ちください。)
・長靴 ・ゴム手袋 ・防塵マスク ・防塵めがね ・飲食物 ・タオル
(携帯電話、小銭、筆記用具、メモ帳、保険証のコピー、着替え、常備薬、懐中電灯)
駐 車 場
自家用車の方は、宇和島市総合体育館の駐車場をご利用ください。
※ボランティア活動に際し、食費・交通費・宿泊費等が発生する場合は、原則として、
ボランティア本人の自己負担となりますので、あらかじめご了承ください。
宇和島市災害ボランティアセンター (宇和島市社会福祉協議会)
TEL 0895 - 2 3 - 3711 F A X 0895 - 2 4 - 7889
宇和島市住吉町一丁目 6 番 16 号 宇和島市総合福祉センター内
ホームページ http://www.uwajima-shakyo.or.jp/
E メール fukushi.wel@uwajima-shakyo.or.jp

松山市がボランティアの募集停止

https://www.city.matsuyama.ehime.jp/

この度の豪雨災害にあたりましては、個人・団体・企業等多くの皆様から心温まるご支援・ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
松山市社会福祉協議会(松山市ボランティアセンター)では被災者支援を目的としてボランティア募集を行い、これまでに延べ1,695名の皆様にボランティアとして御参加いただき、市内10地区で活動を行いました。
皆様のおかげで、被災地は一定落ち着きを取り戻しつつあることから、今後は、市内の被災地からの要望に応じて随時ボランティアを募集しますので、引き続きご協力をお願いいたします。

松山市社会福祉協議会地域福祉部ボランティア活動推進課
(松山市ボランティアセンター)
TEL089-921-2141 / FAX089-921-8360

八幡浜市はボランティアの募集を停止

https://www.facebook.com/ywthm.syakyo/

【7月21日(土)以降の活動のお知らせ】

7月9日(月)より、主にFacebookを通じてボランティアを募集させていただき、本日までに延べ216名に活動していただきました。本当に、ありがとうございます。

八幡浜市社会福祉協議会では、明日7月21日以降は、被災された方々のニーズが一旦落ち着いたため、ボランティアの募集を終了いたします。
しかし、今後も被災された方々からニーズが上がり次第、ボランティアの募集をさせていただく場合があります。その折には、ご支援の程どうぞよろしくお願いします。

*写真は、7月10日にJRがストップして松山の学校に通えなかった高校生がボランティアに来てくれて、作成してくれました。

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

西予市がボランティアを募集中

【8/17(金):ボランティア募集のお知らせ】

最近はゴミ搬出、清掃等のニーズが多くなっておます。明日もまた暑くなりそうですが、西予市のためにたくさんのご支援をお願いいたします。
8月17日(金)の派遣依頼を集計したところボランティア65人分の依頼内容でした。
≪募集人員上限≫
団体10人
個人55人
合計65名
団体枠10人は既に予約いただいておりますので優先させていただき、個人枠は55人までとさせていただきます。
≪ボランティアセンター開設場所≫
西予市社会福祉協議会本所(野村町野村12号15番地)
≪開設時間≫
8:30~17:00(活動は15時までで、センター帰着後に報告書を書いていただきます)
≪受付≫
午前の部  8:30~10:00
※受付時間外は別作業で対応しております。受付時間内での受付にご協力ください。また、事前登録制の登録を開始しておりますので登録お願いします。
http://seiyo-syakyo.jp/publics/index/94/
≪駐車場≫
野村運動公園(西予市野村町野村13号366番地)にお停めください。送迎車でボランティアセンターまで送迎します。
※野村運動公園には大型バスは駐車できませんので各自で確保をお願いします。
≪送迎時間≫
朝  8:00~10:00
夕方 15:15~随時
≪主なボランティア内容≫
ゴミの搬出、清掃等
≪服装・準備物など≫
・作業のできる服装(安全のため長袖と長ズボン着用でお願いします)
・持ち物:長靴、マスク、軍手とゴム手袋、飲み物、タオル、(あれば)ゴーグルやヘルメット、健康保険証
・作業に必要な道具(スコップなど)を準備できる方はお願いします。
※服装は下記の資料をご参照ください。
http://rsy-nagoya.com/rsyimgold/common/pdf/suigai-manual.pdf
≪注意事項≫
食費、交通費、宿泊費などは自己負担となります。
≪お問い合わせ先≫
西予市社会福祉協議会
ボランティア関係専用窓口
080-5065-9461 080-5064-9799
(電話番号 0894-72-2306)
※電話番号の間違いが多く発生しています。
番号のお間違えのないようにお願いいたします。
明日も大変暑くなることが予想されます。飲み物をたくさん持参していただき、西予市のためにご協力をお願いいたします。宜しくお願いいたします

松野町がボランティアの募集を停止

http://matsuno-syakyo.lekumo.biz/news/

平成30年7月豪雨災害の救援のため、7月12日から災害ボランティアセンターを設置して活動してまいりましたが、被災者からの応急的な依頼対応に一定の目途がつきましたので、7月26日(木)をもって松野町災害ボランティアセンターを関係機関と協議の上、閉鎖することと致しました。

これまで被災者並びに社会福祉協議会の活動を、ボランティアの皆さまをはじめ多くの方々にご支援をいただきまして、誠にありがとうございました。

災害ボランティアセンターは26日で閉鎖いたしますが、期間内に対応できなかった活動につきましては、引き続き関係機関と連携しながら対応を行います。

社会福祉協議会は今後も住民の皆さまの生活支援を行ってまいりますので、生活の困りごと、悩みごとがございましたら、気軽にご相談ください。

なお26日までは、通常どおり活動依頼の受付とボランティアの調整を行いますので、よろしくお願いします。

鬼北町がボランティアの募集を停止

http://kihoku-syakyo.lekumo.biz/news/

7月9日より開設しておりました鬼北町災害ボランティアセンターですが、ボランティアの皆様のご協力により災害支援ニーズも終結し、現在もニーズがあがってない状態であるため予定通り本日をもって災害ボランティアセンターを閉鎖いたします。ご協力いただいたボランティアの皆様、鬼北町をはじめ各関係機関の皆様には心より感謝申し上げます。今後は、生活支援ニーズ等に対応し住民の皆様に寄り添った支援を心がけてまいりますのでご支援、ご協力をお願いいたします。

上島町がボランティアの募集を停止

http://www.kamijima-shakyo.or.jp/

上島町災害ボランティアセンターの閉所について

この度の豪雨災害により、被災された方々にお見舞い申し上げます。
本会では、7月17日(火)17:30をもちまして、上島町災害ボランティアセンターを閉所いたします。
開所期間中は多くのボランティアの方々にご協力いただき心より感謝申し上げます。
なお、引き続き、生活の中の困りごと等がある方についてはご相談ください。

支援物資をお送りいただきありがとうございました
断水中には、多くの方々より飲料水等の支援物資をお寄せいただき、ありがとうございました。
皆さまよりお寄せいただきました支援物資により、断水を乗り越えることができましたことを、心より感謝申し上げます。

高知県

http://kouhou.bousai.pref.kochi.lg.jp/

安芸市がボランティアの募集を停止

http://bit.ly/2NICA03

安芸市災害ボランティアセンターを閉所しました】

今回の豪雨により、7月9日に開所した「安芸市災害ボランティアセンター」は、本日をもって閉所しました。

ボランティアに参加してくださった多くの方々をはじめ、関係機関の皆さま、寄付やお心遣いをいただいた皆さま、センター運営のお手伝いに駆けつけてくださった団体様・学生の皆さま、本当に心よりお礼申し上げます。

他県・他市ではまだ復旧活動が続いていると思いますが、早急な復旧・復興を願っております。

「安芸市災害ボランティアセンター」の運営にご協力いただいた多くの皆さま、本当にありがとうございました。

宿毛市がボランティアの募集を停止

http://sukumo-shakyo.or.jp/publics/index/1/detail=1/c_id=5/page5=1/type014_5_limit=5/#page1_5_217

たくさんの皆様にボランティアに参加していただき 有難うございました。
今回の活動で多くの要請に対応できたのは、幅広い年代層から千人近くにのぼるボランティアの皆さんの参加があってこその成果です。

しかし、これで復旧活動が終了したわけではありませんので、明日以降は、独居の高齢者宅や高齢者のみの世帯など自力で復旧が困難な方はいないか、どのような支援が必要なのかを訪問などを通じ確認してまいります。

このたびの復旧活動において、家族や親族の助け合いで復旧にあたっておられる方、友人や近隣の支えで復旧にあたっておられる方など、支え合う地域づくりの大切さを改めて認識させて頂きました。

また、企業、学校、個人の皆さんから飲料、タオル、軍手、土のう袋などをご寄付いただき重ねてお礼を申し上げます。

災害ボランティアセンターとして、今、出来ることに精一杯取り組んでまいりましたが、不行き届きな点が多々ありましたことをお詫びもうしあげます。

そして、災害が 再び起こらないことを祈りたいものです。

大月町がボランティアの募集を停止

あと片付け隊

活動日4日目(最終日)

更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
台風12号は異例のコースで、被災地を直撃しました。
幸いなことに、大月町は直撃でなかったため、大きな被害はないのではないかと思います。
前例のない大雨に、異例のコースを辿る台風。最高気温の更新と、、
自分たちが小さかった時の気候とは明らかに変わって来たのではないか
と感じています。
この夏、大きな災害がありませんように。。。

あと片付け隊も、28日(土曜)で最後の活動日となりました。
最終日は
29名に参加をしていただき
5件のお宅で活動してもらいました。

豪雨により被害を受け、どうなることかと思っていましたが、
無事に依頼をほぼ全て完了することができました。
これも皆さまのご協力、ご支援のおかげです。
本当にありがとうございました。

何度も何度もご協力してくださった方、遠方より駆けつけてくれた方、有志を集め参加してくれた方、
大月町がここまで復興できたのは皆さまのおかげです。

いつ、どこで災害が起こるかわからない今、事前の備えはもちろん必要です。
しかし被災した時、1番大事なのは人の力だと強く感じました。
多くの方に支えられながら活動できて本当に良かった。
ありがとうございました。

大月町社会福祉協議会

福岡県

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/

久留米市がボランティアの募集を停止

http://www.heartful-volunteer.net/kurume-svc_kunren20180709

7月9日の災害ボランティアセンター開設以降、これまでに延650人を超えるボランティアの皆様にご協力をいただき、70件超の依頼に応えることができました。

現在、ボランティアニーズが一定収束したことから、7月22日(日)17時をもちまして、

災害ボランティアセンターを閉所いたします。なお、閉所後の災害ボランティアの依頼につきましては、久留米市社会福祉協議会ボランティアセンターにて対応いたします。

これまでにボランティア活動に携わっていただきました多くの皆様、関係団体の皆様にあらためて心より感謝申し上げますとともに、引き続き活動へのご理解とご協力をお願いいたします。

詳しくは、こちらをご覧ください。

飯塚市がボランティアの募集を停止

http://www.iizuka-shakyo.net/index/list/mid/4/cid/13

【災害ボランティアについて】
平成30年7月豪雨災害に伴い7月9日(月)設置しました飯塚市災害ボランティアセンターにつきましては7月20日(金)をもちまして活動を、終了致しました。
なお、今後の対応につきましては、飯塚市社会福祉協議会ボランティアセンターに移行させて頂きます。
多くの皆様のご支援とご協力に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

問い合わせ依頼先
飯塚市災害ボランティアセンタ-(飯塚市社会福祉協議会内)
電話 0948-23-2210

嘉麻市がボランティアの募集を一旦停止

https://www.facebook.com/kamasaigaivola/

8月10日、17名のボランティアさんに協力してもらい最後のお宅のニーズを完了することができました。
かま災害ボランティアセンターには、289名の個人ボランティアさんと13の団体に登録してもらい、かま福祉ネットワーク委員会と合わせて延752人の方々に活動してもらいました。
活動後、センター長村上に変わり事務局木山から、30日間に及ぶ協力のお礼と、今日で終わりではなく、このご縁を今後とも継続させていただきたいと挨拶をしました。
センターで出会っ方々は、私達にとっては大切な宝物となりました。今後は、ボランティアバスなどを企画したいと考えておりますので、引き続き宜しくお願いします。

佐賀県

https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00362781/index.html

基山町がボランティアの募集終了(県内の活動終了)

http://sagaken-shakyo.or.jp/boranthia/blog/2018/07/new75.html

7月5日からの大雨による災害ボランティアの募集について【県内の活動は終了しました】

(最終更新日:平成30年7月10日18:00)

基山町社会福祉協議会では、この度の大雨災害により被災した町内住宅の復旧のため、
下記のとおりボランティアを募集します。
ぜひご協力いただきますようお願いいたします。

1.ボランティア活動時間(予定)
・平成30年7月 9日(月)10時00分~15時00分(受付終了
・平成30年7月10日(火)10時00分~15時00分
※活動は10日で終了の予定です。

2.活動場所・活動内容(予定)
基山町内(個人宅)・住宅等に流入した土砂の掻き出し

3.集合場所
基山町福祉交流館(基山町社会福祉協議会)
三養基郡基山町大字宮浦1006-1

4.受付時間
・7月9日(月)9時30分~9時50分(受付終了
・7月10日(火)  9時30分~9時50分

5.持参いただくもの等
長袖・長ズボン・帽子・着替え・タオル・水分・長靴
昼食・マスク・ゴム手袋・雨具

6.その他
●ボランティア保険に加入されていない方は、当日、基山町社会福祉協議会で加入できます。
●熱中症対策は各自お願いします。
●町内の方、町外の方を問わず募集します。

7.お問い合わせ
基山町社会福祉協議会
TEL:0942-92-3311


災害ボランティアからストレスケアを行う必要性

被災地域で活動すると、活動後に、心や体に変化が出ることがあります。
・災害時や災害後に出やすい変化について、下記のPDFでまとめてありますので、是非ご覧ください。

被災地から帰った災害ボランティアの皆様へ


取り急ぎ、まとまっているものから掲載しています。

詳しい内容については、自治体のホームページでご確認をよろしくお願い致します。

この記事をシェアしてくれるITボランティアも募集です!!

是非ご自身のブログ等でご活用ください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク