就職活動の成功を握る3つの原則 ②面接は自分をプレゼンする場


あなたは自分自信の事を人に伝える時に、どの様な事を考えて伝えているだろうか(*’▽’)

初対面であれば、自己紹介が上手な人ほど、印象に残りやすく、覚えてもらいやすいです。

今回は就職活動や転職で絶対に避けては通れない、「面接」についてお話します。

※ここでは一般的なマナーや言葉遣いなど社会人として身に付けておく常識的な話はしません

「面接の攻略方法」はあるのか??

あります。

正しくは、「面接で合格する可能性をあげる方法」です。

それでは説明していきます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

例えば、合コンでの自己紹介の時に

①名前

②年齢※男性のみ(=゚ω゚)ノ

③出身地

④趣味等

⑤意気込み

と大体このような流れで伝えることが一般的です。

短い時間内で少しでも自分の事を伝えようと必死になります。

限られた条件の中で自分の事を上手に相手に伝えるのって難しいです(#^^#)

でも、合コンは良い意味でドキドキしていて、

面接では悪い意味でドキドキしていることはありませんか(=゚ω゚)ノ

まずはそのことをよく考えてみましょう。

面接は「受ける」場ではなく「プレゼンする」場である

ネットに掲載されているような「志望動機」や「自己PR」や「御社の経営理念に…」等と言っても、採用担当から見れば、丸暗記が見え見えです。

よく面接で「当社を志望した理由を聞かせてください」という質問をさせてもらいますが、面接慣れしている人は、完全にテンプレを一字一句覚えているので、大体の質問に対応が出来ます。

しかしどんなに素晴らしいテンプレを用意したところで、所詮それはコピーしてきただけに過ぎません。

テンプレに無い、少しひねった質問をするとすぐにボロが出てしまいます。

それは面接を「受けている」という受け身の気持ちで臨んでいるからなのです。

これでは筆記試験と何ら変わりがありません。覚えた答えを口頭しているだけですから…。

なぜ面接をするのか考えてみて下さい。採用担当はもっとあなたの事を知りたいのです。

・履歴書の内容を聞きたい

・企業の社風に合うか見たい

・価値観を聞きたい

・他の人と見比べてみたい

・あなたを知りたい

大手企業であれば繁忙期は毎日10~20名程度の面接を行いますので、テンプレの答えは聞き飽きています。

笑顔を見せている採用担当も心の中では(またテンプレかぁ…)と苦笑いしているのです。


ここからが本題

では「プレゼンをする場」とはどういうことかをイメージしていきましょう。

あなたの周りでプレゼンが上手な人は思い出せますか?

もし居ないのであれば、是非とも参考にして欲しい人物が居ます。

それは「スティーブ・ジョブズ」氏です。

もはや説明は不要だと思いますが、Appleの創業者で、iphoneの生みの親でもあります。

ジョブズ氏のプレゼンは本当に引き込まれます。商品の説明が事細かに行き届いているし、何よりも商品に絶対の自信を持っています。

もし彼のようなプレゼンが面接で出来れば、採用担当が「もっと聞かせて」、「もっと聞かせて」とワクワクしっぱなしです。

「自分」という商品を客観的に見つめ、今後どのような道を歩んでいきたいかビジョンがある

どの採用担当も聞きたい質問の一つとして、「過去の経験」→「その経験に基づいた成長・成果」があります。

現在に至るまでに自分自身が積み上げてきたことをアドバイスにして、将来の事を考えられる人材は採用担当としても非常に好印象です。

それは就職内定という成果だけではありません。あなたの人生において大きな成功をもたらす可能性があるので、採用担当にあなたが入社した時のことを想像して見せることが出来るのです。そういった人財こそ企業は喉から手が出るほど絶対に欲しいわけです。

面接の質問で一番多いのは「履歴書」や「エントリーシート」の内容に基づいたものが半分以上を占めます。

あなたは「自分」という商品を自分でプレゼンするので、本来であればあなた以上に自分自身を上手に説明出来る人はいません。

就職活動は将来を大きく変える一つの選択ですが、それが能力の有無で選り分けられていると考えるべきではありません。

「自分」というものがしっかりと説明出来れば採用担当には十分に伝わります。

※ジョブズの様なプレゼンをして下さいという意味ではありません(*‘ω‘ *)

面接は「受ける」場ではなく「プレゼンする」場である

これがしっかり出来る人物はどの分野からも魅力的に想われるでしょう。

「就職活動」は恋愛と似ていると言います。

あなたからの一方的な片思いではなく、あなたの事もしっかり伝えて両想いになってください。

それではまた~(=゚ω゚)ノ


スポンサーリンク
スポンサーリンク