あおり運転をする録画方法について


前回に引き続き本日もドライブレコーダー(ドラコレ)について書きたいと思いました。

先日東名高速道路であおり運転をして、車を停止させ、その後ろから追突されて夫婦が死亡した事故がありましたが、ここのところそんなあおり運転が問題になっていて毎日のようにメディアで多く取り上げられるようになっています。あおり運転をされて怖い思いをしたことがある人も少なくなくて、いつ自分がそういう目にあうかわからないところがとても怖いものです。

タクシーにはよくドライブレコーダーがついているのですが、一般の車両にもドライブレコーダーを搭載させる方が安全な運転が出来て良いのではないかと思います。一層の事、義務化するくらいにして欲しい・・・。

ドライブレコーダーは25000円~40000円の間で購入することが出来ます。万が一にも自分が被害者になった時に証拠として使うことができますし、車を停止させて相手の運転手が降りてきて、暴力を使おうとした時などに、録画しているということがわかったら、手出しができなくなるでしょう。

ドライブレコーダーは前方を録画するものと、後ろを写すものの2つを搭載していると、後ろからあおられた時に効果的です。またステッカーなど貼って「録画中」などど周囲にメッセージを伝えるとより効果的です。運転していて、あおられたりした時には、左に寄せて停車して、窓を閉めて、ドアをロックしてすぐに警察に電話して通報することが大事です。絶対に相手にしてはダメです。道をよく知っているのでしたら、そのまま警察のところまで行くのも一つの手だと思います。

実際にあおられたりした時には大変な恐怖を感じるもので、平常心ではいられなくなるものです。決して車の外に出て行ったりしないで、じっと車の中に閉じこもっていることが大事です。そして、警察に電話することです。相手の車のナンバーを覚えておくことも事件になった時に証拠になりますから、しっかりと覚えておくことが大事です。

車内から暴力を振るおうとする相手をスマホなどで撮影する方法もありますが、それが逆に相手を逆上させることになったりするので、その場の感じで決めたほうがいいです。あおられたら、車を停車させることでその場を切り抜けることができることが多いです。自分で守れることは守って被害を最小限に食い止めましょう。


スポンサーリンク