新年号は『令和(れいわ)』に決定!!


新年号は『令和(れいわ)』

平成31年4月1日、午前11時42分頃、首相官邸にて菅官房長官から新年号が『令和』と発表されました。

昭和の終わりには「平成」「修文」「正化」の3つの中から選ばれたのですが、

年号決定には暗黙のルールがあるようです、

①国民の理想としてふさわしい意味を持つ

②漢字二文字である

③書きやすく、読みやすいもの

④これまでに元号または送り仮名として用いられてものではないこと

⑤俗用(すでに一般的に使用されている)されていない

⑥イニシャルがだぶらないほうがよい
明治M
大正T
昭和S
平成H

⑦日本や中国の歴史書から出典されている事

「平成」は『史記』と『書経』からきていて、

「内平かに外成る 及び 地平かに天成る 国の内外にも天地にも平和が達成される」という意味でした。

最終的に6案が提示され、「令和(れいわ)」、「万保(ばんぽう)」、「万和(ばんな)」、「広至(こうし)」、「久化(きゅうか)」、「英弘(えいこう)」の中から最終的に令和になったようです。

万葉集からの出典とのことですね(*’ω’*)

その中の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文にある、

于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。

時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。

「1人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたい」との想いがこもっているようです。

『令』、『和』は今年の人気漢字に!?

毎年明治安田生命が発表している子供の名前ランキングにも人気が出そうですね(*’ω’*)

参考に平成時代に人気のあった名前ランキングです

今日から令と和の漢字が人気が出そうですね。

男女ともに使いやすい字だと思います(*’ω’*)

新年号の施行は2019年5月1日です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする